新潟こしひかりのアグリサポート

新潟こしひかりのアグリサポート

新之助の稲刈り,赤とんぼ

「食の安全」「美味しさ」、「美しい自然の維持」

 アグリサポートは、新潟県阿賀野市に平成19年2月に設立された農業法人。
 7名のこしひかり栽培のプロ達が、全国の皆様に安全で美味しい新潟こしひかりをお届けしようと団結しました。

<新潟こしひかりが美味しい理由>

 新潟県阿賀野市笹神地区は、日本海から15km離れた内陸に位置し、東側には五頭連峰が聳えています。このため私たちの田んぼ周辺の日の出が遅れ、気温の日較差(一日の寒暖の差)が大きくなるためデンプン集積が進み、美味しい新潟こしひかりが生まれると言われています。
 また、五頭連峰寄りの田んぼでは砂質土割合が多いため肥料成分の流出が多く、こしひかりの収量は下がりますがタンパク質含有量が増加しないことから相対的にデンプン量が増加し食味が向上すると言われています。
 この様に、お米の収量を抑えてでも、食味の向上を追求する営農方針が、おいしい新潟こしひかりを作り上げています。

無農薬有機栽培新潟こしひかり

 「食の安全」と「美味しさ」、「美しい自然の維持」を合い言葉に、農薬と化学肥料を使用しない有機栽培新潟こしひかりを始め、地元の小中学生が毎日の給食で口にする減減米(減農薬減化学肥料栽培こしひかり)や一般新潟こしひかりなどの粳米(うるちまい)、餅米(もちごめ)の王様と言われるコガネモチなど環境に優しい安全でおいしい米作りと販売に取り組んでいます。
 四季の移り変わりが美しい新潟県阿賀野市笹神地区で、私たち一人一人が食の安全を考えながら、おいしい新潟こしひかりや新潟コガネモチ、越乃寒梅で有名な五百万石などの栽培と販売に取り組んでいます。
こしひかりは、 戦前に新潟県農事試験場で農林1号と22号を交配されたのが始まりで、戦後福井県農事改良実験所で育種されました。
 その後、新潟県と千葉県の奨励品種に採用され、現在ではその優れた性質のおかげで日本各地にも普及しました。こしひかりには「越(こし)の国にひかり輝くお米」という願いが込められているそうです。
(なお、平成19年3月より農水省に指導により、上記の様に農薬や化学肥料の使用を控えたこしひかり等のお米の事を、特別栽培農産物と呼ぶことになりました。
 詳しくは、「お米・畑の豆知識」をどうぞ。)

新潟こしひかりのアグリサポート 齋藤剛
 新潟こしひかりのプロ 斉藤剛

<お知らせ>

新之助の稲刈り 今年は爽やかに晴れ上がった9月26日、新品種「新之助」の稲刈りが始まりました。(H29/9/26)
 飛び交うシオカラトンボや赤とんぼやあぜ道で小虫を探すハクセキレイを見ながらの「新之助」の稲刈りで、収穫の秋も終わりを迎えます。
阿賀野市では今年も梅花藻が咲いていました 新潟こしひかりの田んぼに流れ込む清流にバイカモ(梅花藻)が咲いていました(H29/7/10)
 このバイカモは、不思議なことに毎年花弁の数が変わります。本来なら花弁の数が5枚のはずが、二倍以上の「八重咲き」に変化することもあります。
新之助(しんのすけ)の田植え 新之助(しんのすけ)の田植えが行われました(H29/5/9)
 春霞に覆われた穏やかな一日に新之助(しんのすけ)の田植えが行われました。俳句の季語でもある「霞」は、この日のように黄砂が原因だったのかも知れません。
新潟こしひかりの苗 新潟こしひかりや新之助の苗が順調に生育しています(H29/4/23)
 新潟こしひかり、大粒で美味しい新之助、酒米の五百万石、もち米のコガネモチの苗が順調に生育しています。ゴールデンウィーク後半から始まる田植えまで、後二週間。温度管理に気を遣います。
阿賀野市 冬景色 五頭連峰の冬景色と日の出(H29/1/29)
 新潟こしひかりの田んぼも20cm余りの雪と朝霧に覆われました。放射冷却で冷え込んだ今朝の最低気温は−7゜C。幻想的な風景が現れました。
新潟米新品種 新之助 新潟米の新之助の稲刈りが始まりました(H28/9/26)
 新之助は、「大粒でこくと甘みがあり、冷めても美味しい」と評価された新品種です。今年は天候に恵まれましたので、食味も最高かと期待しております。
新潟こしひかりの花 新潟こしひかりに花が咲きました(H28/8/5)
新潟こしひかり キュウリの花からバニラの様な香りがします(H28/7/15)
有機栽培新潟こしひかり 有機栽培コシヒカリの田んぼに元肥を散布しました(H28/4/19)
新潟こしひかり 台風15号で有機栽培こしひかりも大きな被害を受けたましたが、諦めずに例年通り稲刈りを行いました(H27/9/23)
こしひかりの田んぼのオモダカの花 有機栽培こしひかりの田んぼにオモダカが咲いていました(H27/8/8)
新潟こしひかり メークインの畑に揚羽蝶が飛んできました。(H27/7/11)
新潟こしひかりの田んぼの上流でバイカモが咲いています バイカモ(梅花藻)の花が咲いています(H27/7/8)
新潟こしひかり,ジャガイモの花 馬鈴薯の花が満開ですが、名前の由来はご存じですか?(H27/6/10)
新潟こしひかりの田植え 新しい機械で田植えが行われました。(H27/5/11)
稲刈りツアー 稲刈りツアーが行われました。千歯こきも登場しました(H26/9/27)
ポット苗の稲刈り ポット苗で植えた新潟こしひかりの稲刈りが行われました。(H26/9/23)
日本最小の蜻蛉,ハッチョウトンボ アグリサポートの田んぼの近くに日本最小の蜻蛉ハッチョウトンボが生息しています(H26/7/13)
ポット苗の田植えが行われました 初めてのポット苗の田植えが行われました。(H26/5/11)
田植えが行われました 今年も田植えが行われました。5月3日にアグリサポートでは始まりましたが、初日の午後は強風に見舞われ早めに作業を終了しました(H26/5/4)
山葵の花が咲き出しました 山葵の花が咲き出す頃コシヒカリの種まきが始まります(H26/3/28)
今年の夏は雨が多くて稲刈りに苦労しました 今年の夏は雨が多くて稲刈りに苦労しました(H25/12/20)
シソ科(紫蘇科) シソ科の花を豆知識に追加しました(H25/10/12)
間もなく新潟こしひかりの稲刈りが始まります 特別栽培新潟こしひかりが順調に生育。近くの"じゅんさい池"にはサギソウ(鷺草)が咲いていました(H25/8/27)
バイカモ 清流にのみ生育するバイカモが満開です(H25/6/16)
コシヒカリの田んぼも冬化粧 コシヒカリの田んぼのあぜ道のぺんぺん草(H25/4/20)
蕗の薹 蕗の薹を「お米・畑の豆知識」に追加しました (H25/4/6)
コシヒカリの田んぼも冬化粧 コシヒカリの田んぼも冬化粧(H24/12/29)
夏野菜:白ナスの花 夏野菜の写真を「お米・畑の豆知識」に追加しました (H24/8/5)
スミレを見ながら田植え スミレを見ながら田植えが始まりました (H24/5/3)
菜の花 お米・畑の豆知識に菜の花の写真を掲載しました (H24/5/3)
マガンとオオヒシクイ こしひかりの田んぼにマガンとオオヒシクイが..(H23/12/24)
ニンジンの花 お米・畑の豆知識にニンジンの花を追加しました (H23/11/27)
コシヒカリの稲刈り 新潟こしひかりの稲刈りが最盛期を迎えました (H23年9月17日)
田植えが始まりました 新潟こしひかりの田植えが始まっています (H23年5月9日)
コシヒカリの稲刈り 新潟こしひかりの稲刈りが最盛期を迎えました (H22年9月15日)
コシヒカリの田植え 新潟こしひかりの田植えが終盤を迎えました (H22/5/17)
コシヒカリの稲刈り オーナー制度:こしひかりの田んぼで稲刈り(H21/9/21)
コシヒカリの稲刈り こしひかりの田んぼで稲刈りが始まりました(H21/9/9)
コシヒカリの花 新潟コシヒカリの花(H21/8/6)
コシヒカリの田んぼに黄金蜘蛛 減農薬栽培新潟こしひかりが順調に生育しています(H21/7/23)
コシヒカリの田植え 新潟こしひかりの田植えが順調に進みました(H21/5/18)
             こしひかりBLの表現を「新潟オリジナルこしひかり」と県の検討会で決定(H21年3月末)
            「新潟こしひかり」田んぼのオーナー制度を始めました(H21/3/28)
冬水たんぼに白鳥 こしひかりの冬水田んぼに白鳥が飛来(H21/1/28)
シジュウカラガンがやって来ました シジュウカラガンが飛来しました(H20/12/25)
            ”お米畑の豆知識”にこしひかりBLに関する解説を追加(H20/10/30)
エンレイ大豆の収穫 こしひかりの後はエンレイ大豆の収穫(H20/10/22)
新潟こしひかりの稲刈り 今年も安全なこしひかりの稲刈りが始まりました(H20/9/17)
新潟こしひかりの花 新潟こしひかりの花(H20/8/11)
コチドリ(小千鳥)があぜ道で子育て 新潟こしひかりが健やかに生育しています(H20/7/20)
種まき こしひかりの種まき開始(H20/4/5)
こしひかりの種籾も温湯消毒します 新潟こしひかりの施肥(H20/3/25)
こしひかりの種籾も温湯消毒します こしひかりの温湯消毒が始まりました(H20/2/29)
             またもや、食の安全を脅かす毒入り餃子事件が露見(H20/1/31)
冬景色と五頭山 こしひかりの田んぼが広がる笹神地区の冬景色と五頭山(H20/1/24)
新潟こしひかりの田んぼにオオヒシクイとマガンがやって来ました こしひかりの田んぼにオオヒシクイもやって来ました(H19/11/8)
白鳥 こしひかりの粃(しいな)を白鳥達が啄んでいます(H19/10/26)
新潟こしひかりの稲穂 今年もおいしいこしひかりが収穫できそうです(H19/9/5)
安全でおいしい新潟こしひかりを追求しています
〒959-1907 新潟県阿賀野市熊堂680 株式会社アグリサポート
新潟こしひかり カウンター
阿賀野市を写真で紹介するサイト