安全で美味しい新潟コシヒカリのアグリサポート

新潟コシヒカリのアグリサポート トップページへ
コシヒカリが健やかに生育しています。
田植え
田んぼの表面を均す”エブリ(?)”も今やアルミ製。
エブリを持つ姿。様になっています。

フィリピンからの研修生を囲んで記念撮影
 平成20年5月。株式会社アグリサポートでも田植えを行いました。
フィリピンからの研修生ジュリウスさんとサンダースさんの手もお借りして、
例年通りゴールデンウィークに田植えを行いました。

夕日に輝く金色の田んぼ
田植えから一週間後、アグリサポートの田んぼも金色の夕日に染まっていました。
遠くに見える高層ビルは、直線距離で15km先にあるホテル日航新潟です。

有機農産物生産圃場の立て札
田植え後約2ヶ月の7月19日、JA北越後の青壮年部の皆さんが
視察に来社されました。
質疑応答後は、健やかに生育しているコシヒカリの圃場(田んぼ)をご見学いただきました。
蒸し暑い中、お疲れ様でした。ご参考になりましたでしょうか。
写真の右下には「有機農産物生産圃場」を示す立て札も写っています。

コチドリ

コチドリ
この写真は、エンレイという品種の大豆の播種作業時に見つけた”コチドリ(小千鳥)”です。
コチドリは、日本産チドリ類中最小の渡り鳥だそうです(保育社 原色日本鳥類図鑑より)。
畦畔(けいはん=くろ=あぜ)に掘った浅い窪地に小石を敷いた巣で繁殖していました。
危うく踏みつぶしそうになるくらいカモフラージュが完璧で、
巣には卵が二ヶと雛が二羽(一羽は脱走中)、近くには番(つがい)の親鳥が
”擬傷”行動をとっていたのでかえって目立っていました。

〒959-1907 新潟県阿賀野市熊堂680 株式会社アグリサポート TEL.0250-63-9219