WebGuide阿賀野トップページへ WebGuide阿賀野のトップページへ
「WebGuide阿賀野」では、新潟県阿賀野市と
新発田市や新潟市,五泉市などの観光情報を写真で紹介しています
観光情報

Web検索 www.agano.net を検索
dot
阿賀野市旧安田町にある新江用水の夜桜新江用水の桜阿賀野市旧水原町にある観光スポット白鳥の湖「瓢湖」の桜並木
阿賀野市旧水原町にある観光スポット越後府があった天朝山(公園)の櫓と桜
 新潟県阿賀野市の「桜の名所」に、「瓢湖の桜」、「新江用水」、「新江用水の夜桜」、「天朝山の桜」の写真を掲載しました。
 阿賀野市への観光や散策・ハイキングのご参考にどうぞ。
阿賀野市旧笹神村の観光スポット「いこいの森」秋の雑木林「いこいの森」脇の大荒川「いこいの森」の榎(エノキ)
「いこいの森」の大荒川で水遊び「いこいの森」のテーブル夏休みの「いこいの森」で川遊び
いこいの森」は、
新潟県阿賀野市の旧笹神村五頭山麓にあり、1536年に発生した大荒川の土石流が堆積した扇状地に雑木林が広がっています。
         ・
 四季折々に表情を変える自然が、観光や散策、キャンプ、バーベキュー、水遊びに訪れる人々を楽しませてくれています。
 隣接して、新潟薬科大学付属の薬用植物園もあります。
阿賀野市旧笹神村立出湯小学校を利用した「笹神地区 郷土資料館」「笹神地区郷土資料館」内部
ランプ、燭台、提灯なども展示されています「発久(ほっきゅう)遺跡」から出土した須恵器
「笹神地区郷土資料館」は、
新潟県阿賀野市の五頭温泉郷出湯温泉にあります。
 地球科学から考古学、民俗学、文化まで幅広く収集した資料が展示されています。
 木造校舎を再利用した建物には防災面でちょっと不安がありますが、逆に良い雰囲気を醸し出しています。阿賀野市への観光のついでにもどうぞ。
阿賀野市随一の観光スポット白鳥の湖「瓢湖(ひょうこ)」のオオハクチョウ「瓢湖」のオナガガモ
早春の「瓢湖」「瓢湖」の桜
白鳥の湖「瓢湖」は、新潟県阿賀野市の旧水原町にある阿賀野市で最も有名な観光地です。
 5,000羽を超す白鳥とその数倍のカモ類が越冬します。
 冬以外にも、桜、アヤメ、睡蓮等も楽しめ、一年中観光客が訪れています。孔雀やヤギがいたり、ちびっ子公園や広場もあります。
阿賀野市旧水原町にある観光スポット「水原代官所」阿賀野市水原代官所隣の「農業資料館」に再現された囲炉裏(いろり)
阿賀野市第一級の文化財”四足瓶(よつあしびん)”「農業資料館」内部
「水原代官所」と「水原ふるさと農業資料館」は、新潟県阿賀野市の旧水原町にあり、観光の名所"瓢湖"とほぼ隣接しています。
「水原代官所」は入館料に300円必要です。農業資料館には、阿賀野市第一級の文化財"四足瓶(四足瓶)"が所蔵されています。
阿賀野市旧京ヶ瀬村の数少ない観光地「梅護寺」と親鸞聖人(しんらんしょうにん)立像「数珠掛け桜(じゅずかけざくら)」の後継樹
梅護寺「八房の梅」の花。2007年4月11日撮影梅護寺の八房の梅。6月の初旬には、”三房の梅”が残っていた。
阿賀野市旧安田町の観光スポット「三度栗(さんどぐり)」で有名な孝順寺了玄寺のつなぎがや了玄寺のつなぎがや
親鸞聖人の「越後七不思議」は、
新潟県阿賀野市の梅護寺に「数珠掛け桜(じゅずかけざくら)」と「八房の梅(やつふさのうめ)」があり、同じく孝順寺(元豪農、斉藤家の邸宅)に「三度栗(さんどぐり)」があります。阿賀野市観光の隠れた名所です。
 阿賀野市からほど近い新潟県南蒲原郡田上町にも親鸞聖人の「越後七不思議」の一つに数えられる了玄寺のつなぎがやがあります。
 「了玄寺のツナギガヤ」と豪農の館「田巻邸」をセットで観光にどうぞ。
新潟県屈指の野鳥の楽園「福島潟」のダイサギ福島形に飛来したシジュウカラガンオオヒシクイ
ホバーリングするコチョウゲンボウ
 新潟市・阿賀野市・新発田市に跨る福島潟には、絶滅危惧種(絶滅危惧IA類)のシジュウカラガンや希少種(準絶滅危惧)のオオヒシクイなど野鳥の宝庫です。
 阿賀野市への観光のついでにもどうぞ。
   (音声動画もあります)
平成16年に復元された新潟県新発田市の「御三階櫓」。三方向の破風(はふ)と海鼠(なまこ)壁が特徴国の重要文化財「旧二の丸隅櫓」。「新発田城」が一応の完成を見るのは、三代藩主溝口宣直の代の1654年(承応三年)。「御三階櫓」の雪景色
国の重要文化財「表門(本丸正門)
 阿賀野市に隣接する新潟県新発田市の「新発田(しばた)城」は、尾張出身の溝口秀勝により改築されたお城。新発田市観光には見逃せません。
 新潟県で唯一の城郭建築遺構があります。
 左の写真はクリックで拡大します。
WebGuide阿賀野 新潟県阿賀野市の観光情報

「いこいの森」や白鳥の湖「瓢湖」、親鸞聖人の”越後七不思議”の「孝順寺」などの観光情報を写真で紹介


counter